横浜刑務所パスタどこで売ってる?矯正展やキャピック販売店舗情報についても

当ページのリンクには広告が含まれています。

2023年4月12日に販売開始されてから5カ月ほどで約8500袋売れている大人気の「横浜刑務所パスタ」が話題となっていますね。

生パスタのようでモチモチして美味しいと本当に大好評ですよね。

今回はそんな美味しいと話題の「横浜刑務所パスタ」はどこで買えるのか調査しました。

横浜刑務所パスタはどこに売っているの?
通販で購入できる?矯正展って何?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 横浜刑務所パスタの販売場所
  • 横浜刑務所パスタの通販情報
  • 矯正展についての紹介
目次

横浜刑務所パスタはどこで買える?売ってる店舗情報

モチモチ生パスタ風の「横浜刑務所パスタ」はどこで購入できるのか調査しました。

・常設展示場(刑務所敷地内の直売所)
・キャピックショップなかの
・矯正店や即売所

以上の場所にて購入可能ですよ^^

初めて聞く人も多いですよね。それぞれ詳しく紹介していきましょう。

常設展示場(刑務所敷地内の直売所)

全国には75の刑事施設(刑務所など)が存在します。

そこでは受刑者が様々な作業をし出所後の社会復帰のための技能を習得します。

刑務作業を実施している刑事施設には、常設展示場が敷地内に設置されている

受刑者が製作した製品が刑事施設敷地内にて販売されているんですよ。

全国の受刑者が製作した製品が展示されていて、その中に「横浜刑務所パスタ」も売られているようですね。

常設展示場の営業時間や定休日、アクセス方法など詳しい詳細は<<公式HP常設展示場のご案内>>をご覧ください。

注意が必要なのは、

「横浜刑務所パスタ」は大人気で売り切れの可能性あり!!事前の電話確認がおすすめ!!

2023年9月現在本当に大人気なので売り切れ注意ですね^^

キャピックショップなかの

「キャピックショップなかの」は、

刑事施設以外の場所にある、刑務作業製品(キャピック)の常設展示場のこと

刑事施設以外での展示会場日本ではココだけなんですよ。

施設を簡単に紹介しますね。

キャピックショップなかの
所在地〒165-0026 
東京都中野区新井3-37-2 矯正会館1F (地図)
営業時間9時30分~17時
定休日日曜・月曜・祝日
連絡先03-3319-0677
最寄駅JR中央線「中野駅」徒歩13分
西武新宿線「沼袋駅」徒歩7分
駐車場あり
キャピックとは?

刑務所で作った製品は、「刑務所作業製品」と呼ばれていたが、

✔︎より広く親しめるブランドイメージへ
✔︎「安くて品質の良い商品」を広く使ってもらう為に矯正協会刑務作業協力事業の英訳(Correctional Association Prison Industry Cooperation)の頭文字をとった

以上2点の理由から「刑務所作業製品」を「CAPIC(キャピック)」に変更した

<<プチ情報>>
・「CAPIC(キャピック)」文字を組み合わせたマークを商標としている
・売上げの一部を犯罪被害者支援団体の活動に助成

矯正店や即売所

常設展示場まで遠い…という人も多いですよね。

大丈夫ですよ♪

「横浜刑務所パスタ」は全国で開かれる矯正展や即売所で購入可能

刑務所作業製品(CAPIC)イベントやショッピングモールの催事にて販売されることが実は多いんです。

矯正展や即売会は各地で開催されるので足を運びやすくでおすすめですよ^^

CAPIC(キャピック)公式HPでは、イベントカレンダーで情報を提供してくれています。

ぜひHPで開催される矯正展や即売会を確認して、近くで開催される時は行ってみてくださいね。

<<矯正展・即売会イベントカレンダー>>はこちらからどうぞ。

注意してほしい点があります。

注意①:イベント会場ごとで販売されていない可能性もあり
注意②:すぐに売り切れてしまう可能性あり

以上の2点には注意してくださいね。

午前中に売り切れてしまった!!との情報がいくつかありましたよ。



事前の問い合わせや早めの購入などがおすすめです!!

横浜刑務所パスタオンライン通販情報

常設展示場や矯正展・即売会にわざわざいくのもな・・・と思う人もいますよね。

気軽にオンライン購入は可能か気になりますね。

2023年9月26日現在は通販での購入はできない

実は刑務所作業製品(CAPIC)を専門に取り扱う直販サイトはあります。

しかし新しい商品だからなのか横浜刑務所で作ったパスタ」は販売されていませんでした。

公式の直販サイト以外で販売されているものは全て転売品との情報あり

ですので2023年9月現在の購入方法は、

直接購入が一番確実で安心安全

大人気の商品なので今後直販サイトで購入できる可能性はありますよね。

そうなれば気軽にいつでも美味しい「横浜刑務所で作ったパスタ」が食べれるので、ぜひ通販でも販売して欲しいですね♪

刑務所作業製品(CAPIC)を販売する公式オンライン直販サイトは「e-キャピック」というサイトです。

多くの製品があるので見てみてくださいね。

横浜刑務所パスタについてプチ情報

<<商品紹介>>
正式商品名:横浜刑務所で作ったパスタ
価格:330円(税込)
内容量:1袋 300g
原材料:小麦粉、塩(卵不使用)

<<生まれた経緯>>
横浜刑務所では1998年から麺づくりの刑務作業開始

給食用のうどんを生産していたが、後に刑務所作業製品として販売

2022年4月作業専門官がスパゲティの輸入量が過去最高というニュースを見る

横浜刑務所をアピール&売り上げも期待できる新商品を考えていた為、「うどん作り用の機械でパスタ作りに挑戦しよう!!」と思いたつ

試行錯誤した結果、卵と添加物を使わない「横浜刑務所で作ったパスタ」の完成に至る

<<ポイント>>
①:横浜刑務所の麺製品は全て、全工程を受刑者が行なっている
②:新商品は技術の習得だけでなく、意欲の向上につながることが期待
③:食品の製造には特に責任感を持ちやすく、再犯防止につながると期待される
④:小麦粉と食塩水をこねて機械で伸ばし、機械によって切り出された長い麺を一昼夜乾燥させて切断、その後1本1本手作業で検品を行なっている
⑤:もちっとしたフェットチーネの為、クリームソースと相性がいい

とても手間の掛かっている無添加手作りパスタです!!
美味しいはずですね^^
「横浜刑務所で作ったパスタ」は粉の調合から梱包までの全ての工程を受刑者達が担当して作っているパスタ
皆さん見かけたら是非購入してみて下さいね。

刑務所作業製品が買える矯正展情報について

「横浜刑務所パスタ」は矯正展などで購入可能ですが、「矯正展」とは何なのか知らない人がいますよね。

矯正展とは
歴史昭和56年から「全国矯正展」という名称で開催される
矯正展の始まり・矯正展は受刑者の職業訓練の発表の場だった
・大きな家具や木工製品、印刷物などが展示されているだけの展示会
目的
・「社会を明るくする運動」の中央行事の一環

・再犯防止に向けた矯正施設の取組等の紹介

・刑務所作業製品(CAPIC)の展示販売を通して、矯正行政の現状について広く知ってもらう事を目的として実施している
内容
・全国の刑務所で受刑者が改善更生や社会復帰を目指して製作した製品の展示販売

・最近では地域との連携が深められヒーローショーやご当地アイドル、テレビで見かける歌手などが参加することも増えた

・内容が身近で楽しい雰囲気のイベントになった為、大人から子どもまで来場者の年齢層も幅広くなっています。

・人気の「刑務所コッペパン」「プリズンカレー」など刑務所に出る食事が再現され食べることもで出来る

・ちょっとしたお祭りのような親しみやすいイベントに変化していった

元受刑者の出所後の生き方には、地域の理解を得ることが不可欠です。

地域の理解を深めてもらう為のイベントが矯正展開催の理由

確かにイベント内容自体が子供も行きやすいほど身近で楽しいものだと、受け入れやすくなりますよね。

そういった意味もあり昔に比べて最近は、地域の一大イベントになるほど楽しく地域に密着した催し物となっています。

地域のお祭りのようなイベントなので、近くに開催される日はぜひ行ってみてくださいね^^

刑務所作業製品(CAPIC)は安価でありながら質がいいと評判

と言われてファンも多いので、いい製品に出会えるかもしれませんよ♪

まとめ

今回は「横浜刑務所パスタ」の販売場所を調査しました。

調査した結果は以下のとおりです。

「横浜刑務所パスタ」の販売場所は、
①常設展示場(刑務所敷地内の直売所)
②キャピックショップなかの
③矯正店や即売所
以上で通販での販売は2023年9月現在ではしていない

矯正展とは
出所後の元受刑者が地域に溶け込めるように、自治体やボランティアの力を借りて地域の理解を深めてもらう為のイベントが矯正展開催の理由

刑務所作業製品(CAPIC)は1つ1つ手作りで製作されているため、どの製品を取ってもとても質が良く評判です。

その中の1つ「横浜刑務所パスタ」も丁寧に作られているので、モチモチ生パスタのような美味しさに仕上がっているのでしょうね。

「横浜刑務所パスタ」は大人気なので販売されているところを発見したらぜひ買って食べてみてくださいね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次