ヒグチユウコ切手の予約方法とお取り寄せ情報!売り切れと再販情報についても

当ページのリンクには広告が含まれています。

画家・絵本作家として有名なヒグチユウコさんの描く「せかいいちのねこ」シリーズが絵本の世界シリーズの切手として販売されることが発表されています♪

最近では、雑誌などの他にLINEスタンプなどでも同じみのキャラクターなので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

旅先で出会う猫たちとの絵物語として人気の「せかいいちのねこ」では、ねこたちが様々な衣装や表情で楽しませてくれる魅力的な作品です♪

今回は、そんなヒグチユウコさんの切手について調べてみました^^

ヒグチユウコの切手は予約できる?
売り切れ情報も知りたい!!

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • ヒグチユウコ 切手「せかいいちのねこ」の予約情報
  • ヒグチユウコ 切手「せかいいちのねこ」の売り切れ・再販情報
目次

ヒグチユウコの切手せかいいちのねこが可愛いと話題

郵便局では、様々なキャラクターや作品とコラボした限定の切手を販売していることをご存知でしょうか?

2023年12月6日(水)からは、「世界の絵本シリーズ」の第7弾として、大人気のヒグチユウコ作「せかいいちのねこ」シリーズが販売されます^^

どうですか、タイトルの通りまるで絵本を切り取ったみたいに素敵なデザインですよね。

とっても可愛いですね♪

最近では、LINEスタンプなどでも人気なので、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか^^

今回の切手シートのデザインが発表されると、

可愛いから絶対欲しい!!

保存用と合わせて2セットは買いたい…!!

というコメントが多く見られました^^

確かにどの切手もとても可愛くて、使ってしまうことが勿体無いですよね。

でも、自分が受け取ったお手紙の切手がヒグチユウコさんのものだったら嬉しい気持ちになりませんか?

ぜひ大切な方への郵便に使いたい気持ちもわかるので、確かに2セット欲しいですよね^^

そこで今回は、確実にヒグチユウコ作「せかいいちのねこ」切手シートを購入するために、予約の可否や売り切れ情報などついて調査しましたよ♪

ヒグチユウコの切手は予約できる?

大人気のヒグチユウコさんの切手ですから、売り切れる可能性は十分にありますよね。

そうすると気になるのは、

切手は予約を受け付けてもらえるのか

ということだと思います。

調べたところ、結論としては、

郵便局によっては切手の予約を窓口で受け付けてもらえることがある

ということがわかりました。

ただし、「受け付けてもらえることがある」というのは、公式で予約を受け付けるというシステムがあるわけではなく、あくまでも各郵便局の判断で受け付けてもらえることがあるということです。

ネットの情報などを確認すると、

大きめの郵便局の方が切手の予約を受け付けてもらえる可能性が高い

ことがわかっています。

最寄りの郵便局が難しくでも諦めずに、地域の中でも大きい郵便局に確認してみるのが良いかもしれませんね^^

ヒグチユウコの切手売り切れと再販情報

ヒグチユウコさんの「せかいいちのねこ」の切手シリーズは2023年12月6日に発売開始です♪

今は発売前なので売り切れや再販の情報はありません。

でも、SNSなどでも話題になっており、発売開始と同時に売り切れてしまう可能性も十分にありますよね。

12月6日は用事があって郵便局に行けない方や、近くに郵便局がないという方だと、無事にゲットできるか心配ではないでしょうか。

でも、大丈夫です!!

ヒグチユウコさんの「せかいいちのねこ」切手は、郵便局のネットショップでも購入できます!

商品詳細は郵便局ネットショップのサイトから確認してみてくださいね

郵便局の在庫状況については、HPで公表されていませんので、お手数ですがご自身で直接お問い合わせする必要があります。

ぜひ販売開始日(2023年12月6日)にゲットしてくださいね♪

まとめ

今回は、ヒグチユウコさんの「せかいいちのねこ」の切手について調査しました。

まとめると、

切手は、郵便局にもよるが窓口で予約を受け付けてくれることもある

ということがわかりましたね。

各局によって予約対応が異なるため、1つの店舗で諦めずに複数の店舗を回ってみることをお勧めします。

また、ヒグチユウコ作の「せかいいちのねこ」の切手シートは郵便局のネットショップでも取り扱いがありますので、販売日に郵便局へ行くことが難しい方はぜひ使ってみてくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次