マック無くなるメニューは?スパビーなぜ終了?いつまでの販売期間なのか

当ページのリンクには広告が含まれています。

ファストフードの最大手「日本マクドナルド」が2024年1月12日に、一部商品の値上げを発表しました。

値上げも話題になっていますが、実は値上げと同じぐらい「人気メニューの1月23日での販売終了」がとても話題となっています。

マクドナルドの商品は、誰でも1度は食べたことがありますよね。

お気に入りの商品があるという人も少なくないはずです。

自分のお気に入りの商品が販売終了にならないか気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、マクドナルドで残念ながら1月23日を最後に販売終了となってしまう商品について調べてみました。

マックの販売終了メニューは何?
スパビーはどうして販売終了になってしまうの?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • マクドナルド 販売終了レギュラーメニュー
  • マクドナルド 販売終了朝マックメニュー
  • マクドナルド スパビー販売終了の理由
目次

マクドナルドなくなる商品は?レギュラー終了メニュー一覧

日本マクドナルドが、2024年1月12日に一部商品の販売終了をアナウンスしたことが話題です。

では、今回販売終了となるメニューのうち、レギュラーメニュー時間帯(午前10:30以降)に楽しむことができる商品を確認してみましょう。

マクドナルド 販売終了レギュラーメニュー一覧
  • スパイシービーフバーガー(スパビー)

  • ワッフルコーン

  • ヨーグルト

  • ホットティー

レギュラーメニューの時間帯での販売終了は以下の4品です。

販売期間は2024年1月23日までということが正式に決定しています。

また、

レギュラーメニューのチキンクリスプについては、価格を据え置きで、新たに「マックチキン」として販売することが決定しています。

今回のレギュラーメニューの販売終了は驚きの声とともに、親しみのあるメニューがなくなってしまうことに対する様々な声が寄せられています。

中でも特に話題になっているのは、

ホットティーの販売終了について

です。

確かに寒い冬の時期に温かい飲み物が欲しくなるシーンって多いですよね。

コーヒーが苦手な方もいると思うので、ホットティーを頼まれていた方も多いのではないでしょうか。

https://twitter.com/oshinotame1/status/1747225845180092715?s=20

マクドナルドのホットティーを含む、販売終了商品は2024年1月23日まで楽しむことができますよ^^

朝マックの終了メニュー一覧

今回の販売終了となる朝マックの時間帯に楽しむことができる商品は以下の通りです。

マクドナルド 販売終了レギュラーメニュー一覧
  • ビッグブレックファスト

  • ビッグブレックファストデラックス

  • ヨーグルト

  • ホットティー

ビッグブレックファストは、ナイフとフォークで食べるマフィン、ソーセージ、スクランブルエッグなどが乗ったプレート料理です。

更に、ビッグブレックファストにホットケーキが乗った商品が「ビッグブレックファストデラックス」という商品展開です。

ビッグブレックファストシリーズについては、「お腹いっぱい食べたい」というニーズに合った商品展開なので、意外と重宝されていた方も多いのではないでしょうか。

ただ、SNSなどの声を見てみると、

ビッグブレックファストシリーズは、そこまで知名度が高くなかった

と予想することができます。

朝マックといえば、具材が挟まったマフィンやホットケーキをイメージされる方が多いのかもしれませんね^^

スパビーはなぜなくなる?終了理由について

2024年1月のタイミングでの販売終了ラインナップのうち、唯一のレギュラーバーガーメニューが「スパイシービーフバーガー(スパビー)」です。

スパビーは、ハラペーニョとガーリックが効いた「旨辛ソース」と、ジューシーな100%ビーフパティが楽しめるバーガーです。

実は、

スパビーは2023年7月7日に発売されたばかりの新商品である

という点も、なぜ今回販売終了になったのかという疑問が湧いてくる理由の一つでもあります。

今回の販売終了の理由について、

日本マクドナルドの公式サイトでは、「常に購入する方にとって魅力のあるメニューを提供するため」と説明しています。

理由についてはこれ以上分かりませんが、

スパビーは、220円で提供されており、ビーフパティを使っている商品の中ではハンバーガー(170円)・チーズバーガー(200円)に次いで価格が安い商品です。

近年では、原材料価格の高騰が話題になっていますが、現在の価格では販売を維持することが難しくなったという背景も考えられそうです。

なお、1月23日販売終了予定の商品については、在庫状況により終了日が前倒しになる可能性もあります。

SNSなどでは、食べ納めをしている方の投稿も多く見られますので、最後にどうしても食べたい!!という方は早めにマクドナルドに行くことをお勧めします♪

まとめ

今回は、マクドナルドの販売終了商品について調べました。

まず、今回販売終了になるのは6品で、いずれの商品も2024年1月23日で販売終了となります。

朝マック商品限定としては、以下の2つが販売終了です。

  • ビッグブレックファスト
  • ビッグブレックファストデラックス

レギュラーメニューでは以下の4つの商品が販売終了です。

  • スバイシービーフバーガー(スパビー)
  • ワッフルコーン
  • ヨーグルト ※朝マックの時間帯も含めて終了
  • ホットティー ※朝マックの時間帯も含めて終了

販売終了の理由としては、「常に購入する方にとって魅力のある商品を提供するため」としているが、原材料価格高騰などの影響も考えられるといえます。

ぜひ、お気に入りのメニューが終了してしまう方は、最後に食べ納めをしてみてくださいね^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次