千歳レラいつまで?潰れる理由と廃墟でやばいと噂されていたのはなぜ?

当ページのリンクには広告が含まれています。

北海道千歳市にある「千歳アウトレットモール・レラ」通称千歳レラ閉店するということで話題となっていますね。

2024年のお正月に「廃墟モール」として話題となっていたのが千歳レラですよね。

X(Twitter)では「思い出の場所がなくなるから悲しい」など、寂しさを覚える人の声が上がっていました。

しかし一方で「閑散としていたから予想はしてた」など、経営難は地元の人からみても一目瞭然だったようです。

自分の親しんだ場所がなくなるのって本当に悲しいし寂しいですよね・・・。

今回は千歳レラの閉店時期や理由・廃墟と言われていた理由を調査しました。

千歳レラの閉店時期はいつ?
理由はなに?廃墟と言われていたのはなぜ?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 千歳レラの閉店時期について
  • 千歳レラの閉店理由について
  • 千歳レラが廃墟と言われていた理由について
目次

千歳レラいつまで営業?閉店するのはいつ?

すべてのテナントがいつ営業を終了するのか、時期は明らかにしていない

調査したところ、閉店時期についての詳細は明らかになっていませんでした。

2024年1月15日のネットニュース内にも、「新規のテナントの募集見合わせ」は決定しているが、営業時期については不明と記載されていました。

今後詳細な閉店時期の発表はあると考えられるので、ニュースなどをチェックしていきましょう。

・新しいテナントの誘致はしない
・現在契約中のテナント契約期間が満了した段階で施設の運営を終了

上記のことは千歳レラ運営会社が発表しているので、閉店が確実なのは間違いない事実です。

X(Twitter)には多くの驚きと寂しさの声が上がっていました。

https://twitter.com/miritora0121/status/1746826947706167304?s=20

思い出のある人は寂しいでしょうね・・・。

今のうちに「千歳アウトレットモール・レラ」に行ってみてみてくださいね!!
千歳レラ公式X(Twitter)もチェックしてみましょう。

千歳レラ閉店はなぜ?潰れる理由について

2005年にオープンして頑張ってきた「千歳アウトレットモール・レラ」通称千歳レラは、なぜ閉店してしまうのでしょうか。

理由①:競合施設の増加
理由②:施設の造り
理由③:コロナの影響

調査すると以上の3つが閉店の理由ではないかと考えられています。

理由①:競合施設の増加

運営会社からも言われていますが、周辺施設が増加しその競争に勝つことができなかったのは大きな理由です。

主に言われているのは、

・2010年北広島市に「三井アウトレットパーク」が開業

・新千歳空港ターミナル増築と国際線ターミナルが出来た事による店舗数の増加

これにより集客率が大幅に低下していったと考えられます。

北広島市三井アウトレットパーク」

2010年北広島市にできた「三井アウトレットパーク」と千歳レラの違いは、

✔︎ 店舗数の多さ
✔︎ 雪の多い寒い日も暖かかく買い物が出来る屋内施設

以上のことが言われています。

事実千歳レラで営業していたお店の20店舗が、三井アウトレットパークへ移転してしまっています。

施設環境や店舗の充実によって、大幅にお客が取られてしまったのは原因の一つと考えていいでしょう。

千歳空港

三井アウトレットパークだけでなく、千歳空港内の施設が充実してきた事も集客率が大幅に減った原因と言われています。

というのも千歳レラと新千歳空港は無料シャトルバスが運行しています。
そのため空港利用者がお土産や買い物、暇つぶしに多くの人が利用していたようです。

新千歳空港の増築による店舗数増加
国際線ターミナルの完成とターミナル内の店数増加

上記のことで新千歳空港の施設がとても充実したものとなりました。

わざわざ空港から出なくても、空港内だけで十分買い物や暇つぶしが出来てしまうんですよね・・。

三井アウトレットパークの開業に伴って店舗数も減っていく千歳レラに、わざわざいくほどの魅力を感じないとの声もありましたよ。

新千歳空港の施設充実千歳レラの経営に追い討ちをかける理由の一つと考えられます。

理由②:施設の造り

北海道という雪国の寒い地域で、フルオープンの施設は不向き

以上の意見が多く上がっていました。

フルオープの施設なので、店舗移動ごとに雪降る寒い中外に出ての買い物となります。
正直キツ過ぎますよね・・・。

近くに出来た北広島市の「三井アウトレットパーク」は、暖かい屋内での買い物が可能です。
寒い時も暑い時も、雪も雨も天候に左右させずに快適に買い物が可能です。

人がそちらに流れてしまうのは理解できますよね。

土地的に施設の作りが不向きだというが多く上がってしまうのも頷けます。

施設の造り自体がお客の足を遠退かせ経営に響く結果となった理由の1つに挙げられるでしょう。

理由③:コロナの影響

新千歳空港から無料シャトルバスで行ける千歳レラは、インバウンドのお客が大変多く利用していました。

しかし皆さんご存知のように、コロナが世界中で問題となりましたよね。

コロナによるインバウンド客の減少

三井アウトレットパーク新千歳空港の施設充実に伴って、店舗数もお客も減少傾向にありました。

しかしインバウンド需要でなんとか経営が成り立っていたようなんですが、コロナが蔓延し海外の旅行客は激減・・・。

インバウンド客の大幅な減少によって追い討ちをかけてしまったのではないかと言われています。

コロナをきっかけにさらに店舗は激減して行ったと情報がありました。

多くのお店が閉店せざるえなくなったコロナ渦の影響を、千歳レラも受けてしまったようですね・・・。

コロナの前から店舗数は激減し施設内はガラガラだった

そんな声もあったので経営自体はギリギリだったのでしょうね。

正直コロナがなかった場合も経営自体は苦しかったと言われています。

コロナ渦が追い討ちをかけたのは事実でしょうが、
閉店という決断は遅かれ早かれされていたのではないでしょうか。

千歳レラが廃墟でやばいと噂されていた理由

「廃墟モール」としてバズるほど、千歳レラは話題となっていましたよね。

では廃墟と言われているのはどういった理由からなのか調査しました。

空きテナントが多く、お客も少なく閑散としているので廃墟感を感じる

以上のことが言われているようですね。
X(Twitter)でも写真をあげている人はいましたよ。

2024年のお正月期間もほとんど人がいないようで、廃墟感を感じるとの声は多く上がっていました。

X(Twitter)などを確認すると、土日祝日などもお客さんはほとんどいなかったようですね・・・。

店舗数も少ない上お客さんもいないとなると、廃墟感を感じてしまうのは理解できますよね。

店舗が減っていき自分の好きなブランドも無くなって、足が遠退いたという人も多くいるようです。

かつては多くの人で賑わっていた千歳レラです。
それを知っている人は寂しい気持ちになってしまいますね・・・。

閉店してしまう前に1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は千歳レラの閉店時期や理由・廃墟と言われていた理由を調査しました。

<<閉店時期>>
閉店期間は不明。今後発表される可能性あり

<<閉店理由>>
・競合店の開店と新千歳空港の施設充実によって集客数の低下
・雪国地域でのフルオープンという施設の造り自体がお客の足を遠退けた可能性あり
・コロナによるインバウンド客の大幅な減少によって追い討ちをかけた

<<廃墟と言われる理由>>
空きテナントが多く、お客も少なく閑散としているから

以上が調査のまとめとなります。

いつ閉店するかは2024年1月16日現在不明です。

千歳アウトレットモール・レラに思い出がある人は沢山いますよね。

千歳レラは残りの店舗スタッフ皆さんがお客さんを待っています^^

残り期間がどのくらいは分かりませんが、この機会に1度足を運んでみてはいかがでしょうか♪

閉店セールなど行う場合もあるので、公式HPや公式X(Twitter)をチェックしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次