猫ミームの元ネタや音源は?happycatはなぜ流行してるのか理由と使い方についても

当ページのリンクには広告が含まれています。

最近TikTokやYouTubeを中心に「猫ミーム(Happy cat)が、2024年1月頃から人気となっています。

動画の内容はもちろんですが、動画に使われる音楽についても話題となっていますよね。

猫の表情や行動がなんとも愛らしく面白い「猫ミーム(Happy cat)」の元ネタは勿論、使われている曲も気になりますよね。

今回は「猫ミーム(Happy cat)」の元ネタや音源、人気の理由や使い方について調査しました。

「猫ミーム(Happy cat)」の元ネタはあるの?使われている曲は誰の歌?
なぜこんなに人気なの?どういった時に使うの?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 「猫ミーム(Happy cat)」の元ネタや使用されている音源について
  • 「猫ミーム(Happy cat)」人気の理由について
  • 「猫ミーム(Happy cat)」の使用例について
目次

猫ミーム(happycat)の元ネタや音源は?

「猫ミーム(Happy cat)」が話題となっていますが、動画や音楽の元ネタとなったのはどういったものなのでしょうか。
それぞれ調査しました。

動画の元ネタについて

2015年11月にTwitter(現X)に投稿された、閉店するペットショップにいる売れ残りの猫がお客にアピールする姿が元ネタとなっている

実は元ネタは全然ハッピーではないと言われる内容の動画が、元ネタになっているということが分かりました。

その事実を知った人からは、

Happy catの元ネタが全然ハッピーじゃないことを知ってしまって鬱

よくミームで見かけるこの猫、飼い主を見て喜んでるのかと思ってたら閉店になるペットショップに残された猫と知って辛い
全然happyじゃないじゃん

現在の明るい動画とは真逆の元ネタ事実で、皆さん驚いたりショックを受けている人も多くいました。

上記の動画に音源が付け加えられたものが、現在みなさんの知る「猫ミーム(Happy cat)」となったようですね。

https://youtube.com/shorts/T8bO1iKu76g?si=vXl7HWXugRAJXLoV

「猫ミーム(Happy cat)」を見ると、ご主人の帰りを喜んで飛び跳ねているように見えますね。

先述したような真実が元ネタにあったとは思いませんよね。
皆さん驚くのも当然ですね。

音源について

元ネタの動画は流れる音楽とは違う雰囲気の内容でした。
現在知るHappy catの動画には、明るく耳に残る可愛らしい音楽が付け加えられています。

音源は、Super Simple Songsの「My Happy Song」という曲

こちらはこども向けの音楽を配信するSuper Simple」による音楽を使った英語教材の一つです。

Super Simple とは

・「Super Simple」のはじまりは、東京郊外にある小さな英会話スクール

・2005年に子供の歌の制作に取り掛かる

・間もなくして初のCD「Super Simple Songs」をリリースし、世界中の人々に使用されるようになる

・2006年に先生向けの「Super Simple Songs」の使い方を説明したビデオをYouTubeに掲載

・反響も多くその後は「Super SimpleのYouTubeチャンネル」を現在運営中

子供達が楽しく英語を学べるように作られた音楽の1つが、「猫ミーム(Happy cat)」に使われている音源となっています。

・歌詞がシンプル
・動きやダンスができるよう歌の途中に間隔を設ける
・身振り手振りだけでも教えられる
・一番は楽しくを大切に作成されている

以上のことを大切に楽曲は作られているようですよ^^

その為絶妙な曲中の間やテンポ・耳に残りやすい音楽となっています。

耳に残る可愛い音楽愛らしい猫の動きが合わさり、大人も癖になる「猫ミーム(Happy cat)」が出来上がったようですね。

メインアーティスト:Super Simple Songs
¥250 (2024/02/01 17:10時点 | Amazon調べ)

猫ミーム(happycat)はなぜ流行してる?人気の理由について

なぜ「猫ミーム(Happy cat)」が流行っているのか気になりますよね。
人気の理由を調査すると、以下の理由が挙げられます。

理由①:猫の自然な魅力(猫の愛らしい表情やユニークな行動)が人々を魅了し癒される

理由②:日常を発信したい人が自分ではなく猫を使用して気軽に発信できる

理由③:猫ミームは内容も単純で何も考えず見れて中毒性もある


理由④:素材が共通しているので、誰でも動画が作れる

それぞれ詳しく紹介します。

理由①:猫の自然な魅力で人々を魅了

猫の仕草が単純に可愛く、表情がたまらない

猫の可愛さは言うまでもありませんね^^

猫の喜怒哀楽の表情が豊かで、人間と変わらないかそれ以上に素直に現れます。
なんとも可愛いですよね!!

「猫ミーム(Happy cat)」のバンザイしてぴょんぴょんジャンプする子猫の姿に、悶絶するほど可愛く癒されている人は沢山いますよね^^

子供や大人関係なくHappy catに魅了され、動画を見てしまう人は大勢いることでしょう。

動画内で流れる楽曲も、さらに猫の仕草や表情の魅力度UPに作用していますよね♪

こういった猫の可愛さで人気となったのは言うまでもありませんよね。

理由②:猫を使用して気軽に発信できる

一見なんの面白もさもない日常も、「猫ミーム(Happy cat)」にすると可愛く面白い動画へ変化する

動画を確認すると多くの人が、何気ない日常生活の一コマを「猫ミーム」にして投稿しています。

特に特別な内容ではないのですが、猫ミームにすると面白くてついつい次へ次へと見てしまうんですよね!!

喜ぶ時の感情表現に「猫ミーム(Happy cat)」はよく使われます。
これが本当にピッタリとハマり、可愛くてクスッと笑ってしまうんですよね^^

理由③:内容が単純で中毒性もある

日常のあるあるをネタにし、猫が表現するだけの単純な内容で見やすい

じっくり見ると言うわけではなく、隙間時間や休憩中などにサクッと見れる単純で面白い動画内容が「猫ミーム(Happy cat)」です。

何も考えず気軽に見れる動画内容に可愛いHappy catの仕草が合わさるので、話題となってしまうのも頷けますね^^

理由④:誰でも動画が作れる

「猫ミーム(Happy cat)」に限らず、猫ミームの素材は共通していて作りやすい

皆さんが作成している「猫ミーム」の素材は同じです。
使用する素材を入手し動画編集アプリを使用して動画を作成すれば完成です。

誰でも簡単に作れるので、多くの人が動画をあげることが出来るのが人気の理由の1つと考えられます。

猫ミーム(happycat)の使い方は?使用例を紹介

「猫ミーム(Happy cat)」はどんな使い方をするのでしょうか。

嬉しい時の感情表現で一番使用されている

「My Happy Song」の楽曲を使用している「猫ミーム(Happy cat)」は、嬉しい表現の時に使われていることが多いですよ^^

・休みの前の日
・仕事や学校が終わった時
・美味しいものを食べた時
・お出かけする時
・遊ぶ時

以上のように日常で嬉しいと思った時の表現時に使用されています。

では使用されている動画を紹介します。

以上は学校が終わった時や遊んでいる人の表現に使用して、とっても可愛いし共感できますよね♪

日常生活のふとした嬉しい時の表現方法での使用にもってこいなのが「猫ミーム(Happy cat)」となっています。

仕事の終わりの気持ちを表現する時なんてバッチリ感情にあっているのではないでしょうか^^

こちらは会社での日常を猫ミームにして投稿しています。

会社での日常をあげている人は、多くの人が仕事おわりの感情表現に「猫ミーム(Happy cat)」を使用していましたよ^^

楽しいではなく「嬉しい時」の表現での使用が本当にしっくりきますね。
皆さんも動画を作成する際は、ぜひ使用してみてくださいね^^

まとめ

今回は「猫ミーム(Happy cat)」の元ネタや音源、人気の理由や使い方について調査しました。

【元ネタの動画と音源】
・2015年11月にtwitter(現X)に投稿された、閉店するペットショップにいる売れ残りの猫がお客にアピールする姿が元ネタの動画
・音源は音楽を使った英語教材の一つ、「My Happy Song」という曲名

【人気の理由】
理由①:猫の自然な魅力で人々を魅了
理由②:猫を使用して気軽に発信できる
理由③:内容が単純で中毒性もある
理由④:誰でも動画が作れる

【使い方】
・嬉しい時の感情表現で一番使用されている

「猫ミーム(Happy cat)」は、中毒性のある曲と愛くるしい表情豊かな猫の仕草がなんとも言えない動画です。

バンザイしてぴょんぴょんジャンプする猫は、本当に愛くるしく何度見ても飽きませんよね。

今後も色々な内容の「猫ミーム」は投稿されるでしょう。
猫ミームの素材も増えて、更に表情や仕草が増えていくことも考えられますね♪

これからも「猫ミーム」を楽しみましょうね。
興味のある人は是非自分でも作ってみてください^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次