Amazonブラックフライデーと先行セールの違いは?どっちが安い?

当ページのリンクには広告が含まれています。

2023年のAmazonブラックフライデーが11月24日〜12月1日で開催されますね。

11月22日0:00~23日23:59まで「先行セール」もあわせて行われますよ!!

先行セールと本セールとで何に違いがあるのか気になりますよね。

とてもお得に購入できるAmazonブラックフライデーについて調査しました。

「Amazonブラックフライデー」の先行セールは何が違うの?
本セールと先行セールどちらが安いの?非会員でもお得に購入できる?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 「Amazonブラックフライデー」の本セールと先行セールの違い
  • 「Amazonブラックフライデー」の本セールと先行セール金額の違い
  • 「Amazonブラックフライデー」プライム会員と非会員の違い
目次

Amazonブラックフライデーと先行セールの違い

Amazonブラックフライデーの本セールが開催する前に「先行セール」が行われます。

この先行セールは一体何が違うのか気になりますよね。

本セールと先行セールの違い

2023年のAmazonブラックフライデーを参考に紹介していきます。

Amazonブラックフライデー 2023年先行セール
期間11/24(金)0:00~12/1(金)23:5911/22(水)0:00~23(木)23:59
条件プライム会員以外もOKプライム会員以外もOK
価格年に一度のビッグセール価格本セールと同じ
対象商品100万点以上のアイテム本セールの対象商品の一部
ポイントアップ
キャンペーン
対象

以上が本セールと先行セールの違いの一覧となっています。

ブラックフライデーの本セールと先行セールの違いは特になし

ブラックフライデーの対象セール商品が、一部先行して販売しているだけのようですよ。

勿論ポイントアップキャンペーンの対象にもなります。

ですのでAmazonブラックフライデーの本セールと先行セールでの違いはありません

先行セール購入のメリット

先行セールに登場する対象商品は豊富にあり、本セールに負けない勢いがあります。

本セールと先行セールとではほとんど違いが無い為、

先行セールで自分のお目当てのセール対象商品が売り切れてしまう可能性があり

割引率(価格)も本セールと変わりません。

ただ本セールで登場する対象商品の一部が先行セールで登場するというだけの事です。

その事を知っている人は、先行セールで既に購入するので人気商品の場合などは売切れなんてことも十分あり得ます。

欲しい商品がある人は、先行セールの時点で購入することをお勧めしますよ!!

X(Twitter)をみても2023年11月23日現在すでに続々と皆さん先行セールで購入していました。

プライム会員じゃない人でもブラックフライデー価格で購入できます。

是非先行セールで一足先にお得な金額で確実に購入しましょうね^^

Amazonのブラックフライデーと先行セールどっちが安い?

Amazonのブラックフライデーの本セールと先行セールで価格の違いはあるのでしょうか。

セール対象商品の割引率(価格)はブラックフライデー本セールと一緒

先行セールといってもブラックフライデーの本セールとの価格の違いは全く無いので、安心して購入して下さいね^^

ブラックフライデーの本セールと比べて悪い点も違いも特にありません

しかし先行セールで購入する際に注意が必要な点があります。

ブラックフライデーの本セールでしか登場しない商品も多くあります。

本セールのみに登場する商品を先行セール期間中に購入した場合、割引対象にならないため損をするので注意が必要

上記の点には十分注意して購入しましょう。

割引率(価格)は本セールと変わりませんが、購入のタイミングを間違うと損になってしまう商品もある事はきちんと理解しておきましょうね!!

せっかく割引率(価格)は同じなので、

自分の欲しい商品が先行セールに登場するかしないか、本セールのみの登場なのかをきちんと確認して損しないように注意

Amazonのブラックフライデー プライム会員と非会員どちらがお得?

Amazonにはプライム会員というものが存在します。

Amazonプライム会員と非会員ではどちらがブラックフライデーでの購入でお得になるのでしょうか。

会員でなくてもセール価格での購入可能だが、プライム会員に登録する方がメリットも多くおすすめ

非会員の場合でも購入は可能となっています。

しかし非会員が参加した場合デメリットもあるので簡単に紹介しますね。

非会員のデメリット非会員のメリット
・送料が必要になる場合があり

・配送が遅くなる可能性

・ポイント還元率が下がる

・アーリーアクセス不可
・年会費を払わなくてよい

・2,000円以上の買い物なら送料無料

以上が非会員でのメリット・デメリットの比較となります。

やはりデメリットが多いように見えますね。

デメリットについてそれぞれ詳しく紹介します。

プライム会員でない人は、デメリットの点も含めて会員登録するかしないかは考えて下さいね。

普段の買い物は勿論ですが、Amazonブラックフライデーにも関わるので良く確認しておきましょう。

送料が必要になる場合があ

Amazonプライム会員でない場合商品によっては送料が発生する場合があります。

プライム会員の人は送料無料買い物可能

しかし非会員は2,000円以上買い物しないと、送料が無料にならないので注意しましょう。

配送が遅くなる可能性

非会員の場合は商品の配送に遅れが生じる可能性があります。

プライム会員は「お急ぎ便」が無料となりますが、非会員の場合「お急ぎ便」が有料

ですので非会員の場合ほとんどの人は通常配送を選択します。

ブラックフライデーのようなビックセールの場合注文が殺到し発送が遅延するケースがあり

通常配送の場合はそのリスクがとても高まります。

注文した商品がすぐにほしい場合は注意しましょう。

ポイント還元率

プライム会員では無い場合、ポイントアップキャンペーンでの還元率が2%低くなる

Amazonブラックフライデーでは、最大1万円分のポイントが還元されるポイントアップキャンペーンが実施されます。

最大12%還元となりますがプライム会員であれば+2%となっているんですよ!!

ですので非会員の場合、ブラックフライデー期間の買い物ポイントの還元率が2%下がってしまいますよ。

アーリーアクセス不可

実はAmazonブラックフライデーにはタイムセールがあります。

Amazonプライム会員はセール開始30分前に、特定の商品が早めに購入できる権利があり

セールへのアーリーアクセスAmazonプライム会員以外は不可となっています!!

人気の商品はセール開始後すぐに売り切れになる可能性大です。

Amazonプライム会員であれば、売り切れ前に購入できる確率がとても高くなる

非会員の人がアクセスした時にはすでに売り切れているケースがあるので注意しましょう。

以上の4点が非会員の場合のデメリットとなります。

デメリットを詳しくみていくと、プライム会員になっていた方が色々と便利でプラス要素もあると感じますね^^

そこまで高額な会費でもなくプライム会員の特典プライムビデオも見放題となりますよ。

ぜひこの機会にAmazonプライム会員に登録してみてはいかがでしょうか。

Amazonプライム会員についてはこちらからどうぞ
※30日間の無料体験のあるので要確認
※600(税込)/月
※年間費でに支払いがお得

Amazonプライム会員の料金は、月間プラン600円(税込み)と年間プラン5,900円(税込み)という2つのプランから選べます。

プライム会員になると、プライムビデオ以外にもたくさんの特典が受けられます。
無料期間中はそれらの特典すべてを体験できますので会員特典を使い倒してみてくださいね♪

\ プライム会員特典が盛りだくさん /

無料体験期間期間中に解約すれば、料金は一切かかりません

まとめ

今回はAmazonブラックフライデーについて調査しました。

調査した結果は以下の通りとなります。

<<本セール・先行セールの違い>>
・ブラックフライデーの本セールと先行セールの違いは特になし

<<本セール・先行セールの安さ比較>>
・セール対象商品の割引率(価格)はブラックフライデーと一緒
・本セールのみ登場商品を先行セール期間中に購入した場合、割引対象にならないので損をするので注意が必要

<<購入の注意点>>
Amazonプライム会員では無い人にはデメリットあり
・送料が必要になる場合があり
・配送が遅くなる可能性
・ポイント還元率が下がる
・アーリーアクセス不可

Amazonブラックフライデーの本セールと先行セールでの違いは全くありません

しかし商品によっては購入のタイミングで損する場合や非会員の場合にデメリットが存在します。

その事を理解した上でAmazonブラックフライデーに参加しましょうね。

とてもお得になるビックセールなので、是非この機会に欲しい物をお得にゲットしましょうね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次